小浜線利用促進協議会

ABOUT小浜線利用促進協議会について

小浜線利用促進協議会とは

地域住民、関係団体および行政が一体となって小浜線の利用促進策について協議・検討し、さらなる利便性の向上、利用促進を図ることを目的に、
平成17年4月23日に設立されました。

嶺南地域の沿線市町、福井県および嶺南広域行政組合の行政機関のほか、嶺南地域の産業団体、観光団体、市民団体、JR西日本で構成されています。

協議会では、小浜線の利用促進につながるイベントの開催や各種助成等を行っています。詳しくは、こちらをご覧ください。

小浜線について

小浜線は、敦賀駅(福井県敦賀市)から東舞鶴駅(京都府舞鶴市)までの84.3kmを結ぶJR西日本の鉄道路線です。
沿線の若狭湾エリアには、豊かな自然が広がっており、小浜線の車窓からは美しい景色を眺めることができます。
小浜線の詳しい紹介については、おばませんドットコムをご覧ください。

乗って残そう小浜線

人口減少やコロナ禍の影響で、小浜線の利用者減少が続いています。
利用の少ないローカル線見直しの動きのなか、小浜線は大変厳しい状況です。
大切な「沿線住民の移動手段」を守るため、小浜線に乗りましょう。